リブドッグで下痢をした原因は?

リブドッグは高品質なドッグフードとなっているので、愛犬の健康状態を守りたいと思っている飼い主さんは期待を込めて与えてみたという方もいるでしょう。

 

けれども、実際にリブドッグを与えてみたら下痢をしてしまった、あるいは嘔吐してしまったなどの健康被害が起きてしまうということもあり得るのですね。

 

せっかく健康状態を良くしようと思って与えてみたのに、結果として体調不良になってしまったら悲しいですが、実はこういったことは珍しいことではありません。

 

というのも、ドッグフードを切り替えたときに一時的に体調を崩してしまって、下痢や嘔吐することはあり得ることで、リブドッグだから起きた症状ではないのですね。他のドッグフードを与えてみてもこういったことは起きます。

 

例えば人間に置き換えてみても、海外旅行に行ったときに食事が合わなくて一時的にお腹を壊すことがありますよね。それと同じように身体が新しい食事に慣れていないことで体調を崩すことは生物であれば起こることなので、必要以上に心配することはないですよ。

 

ただ、あまりにも長くそういった状態が続く場合は何か問題が起きている可能性も否定できませんから、心配な場合はかかりつけの獣医さんに相談してみることをおすすめします。

ドッグフードの切り替えは慎重に!

リブドッグで下痢や嘔吐をしてしまうのは何も特別なことではなく、ドッグフードを切り替えるときにはどんなフードであっても起こり得ることなので、必要以上に心配することはありませんが、できることなら愛犬が体調を崩すことなくフードを切り替えたいですよね。

 

そこで、ドッグフードを切り替えるときにおすすめしたい方法があるのですが、それは徐々に切り替えをしていくという方法。

 

フードを切り替えるというと、「明日から新しいドッグフードを与えるよー」という気持ちになりやすいですが、いきなり今まで食べていたドッグフードではないものが出てきたら体調を崩すことがあるでしょう。

 

そうではなくて、時間をかけて毎日少しずつ新しいドッグフードに慣れさせてあげるのがここではいい方法になりますよ。

 

例えば、初日は今まで与えていたドッグフードに1割くらいリブドッグを混ぜてみる。そして次の日からは2〜3割くらい混ぜて慣らしていくようにするなど時間をかけてフードの切り替えを行っていくと下痢などの体調不良になる可能性を低くすることができます。

 

だいたい2週間くらいかけて完全に新しいドッグフードへと切り替えることができれば理想的ですね。

 

もし、リブドッグで下痢になったり嘔吐したりするのが心配なら、時間をかけてフードを切り替えるということを意識しましょう。