リブドッグの販売店が見つからない

「東大が研究に関わったドッグフードがあるらしい」と興味を持っている方の中には「どこのペットショップに行っても商品が見つからない…」という状況になっている人もいるようですね。

 

気になるのに見つからないというのは不安な気持ちにもなりますし、何とかして販売店を探したいところですが、実はリブドッグは店舗販売されていません。なぜなら、通販限定で販売しているからです。

 

通販限定で販売しているので、ペットショップに行ってもディスカウントストアのペットフードコーナーに行っても見つかるはずがありませんよ。

 

また、通販限定での販売とはなっているのですが、Amazonやヤフーショッピング、楽天市場などの大手通販サイトでも取り扱いはしていません。

 

販売はリブドッグ公式通販サイトのみで取り扱っています。なので、リブドッグが買えるのは唯一公式通販サイトだけということになりますね。

 

販売店が一つしかないので価格を比較して安いところで買うということはできませんが、その代わりに正規品を確実に購入することができるということで安心して注文できるというメリットはあるでしょう。

 

公式通販サイト以外で販売されているものがあればそれは偽物や転売の可能性が高いですから注意してくださいね。

どうして公式通販サイトだけで販売しているの?

リブドッグを販売しているのは公式通販サイトだけということがわかりましたが、なぜ店舗販売や大手通販サイトでの販売がされていないのでしょうか。

 

いろんな場所で買えた方が売り上げにもつながりますし、購入する側としてもありがたいですよね。

 

ですが、これにはちゃんと理由があって、リブドッグは高品質なものを飼い主に届けたいという想いがあります。

 

リブドッグに使用されている素材はヒューマングレードとなっていて、人間が食べる食材を原材料として使用しています。また、製造している工場も安全管理を徹底した国内の工場で生産しているなど、品質の安全性に関して人間が食べるものと同じようなクオリティで管理をしているのですね。

 

なので、素材の品質や工場の管理などを考えると大量生産ができないドッグフードでもあります。

 

大量生産ができないので、いろんな販売店で売ってしまうとすぐに在庫がなくなってしまうので、本当に欲しいと思っている方に届かないというトラブルが起きてしまいます。

 

そういったことのないように、リブドッグは新規の販売数を制限したり定期購入にすることで販売数の管理も徹底しているのですね。

 

もしかしたらこの先は新規での購入を終了したりする可能性もありますから、リブドッグをお試ししたいと思っている方は今のうちに注文しておいた方がいいかもしれません。

 

後で買おうと思ったときにはもう販売終了していたら悲しいですからね。