夫婦の子育ての方向性は違って当たり前だと思うのですが。

最近、芸能人の夫婦で子育ての方向性の違いで離婚した。というニュースがありました。それだけが原因ではないのだとは思いますが、それも大きな鯨飲の一つであったことは間違いないのでしょう。

本音口コミ!プラステンアップαの効果的な飲み方や最安値通販情報などを紹介!

子育て初めての男女がまったく同じ方向で子供を育てるなんて無理な話だと思います。今までは、男の人は仕事に集中して、女の人が子育ての主導権をもっていたから何事もなかったことが、最近は男の人も子育てをしなくてはならないという風潮だから、ピックアップされただけで子育てにかんしての相違は昔からよくあるのではないのか。

子育ての正解なんてわからないのに、自分の子育て論を主張することこそ間違えだと思うのです。いろいろためして間違いがわかったらそこで方向修正すればいいのだと思うのです。何もみんながいい大学に入って官僚になることが幸せなのではないのだから。

それより子供本人が何がしたくて何がしたくないのかの話を聞いてあげることが大切なのではないでしょうか。どこの学校に行くのかでもめて離婚までいたるのが本末転倒のような気がしてなりません。みんな幸せを考えてのことだったと思うのに。

うちでも旦那が「子供の勉強をみてやれよ。みてないとやらないから。」という。わたしは「はいわかりました。」とはいうが、本心は「そこまでしなくても。勉強する、しないは子供の問題。」と思ってしまうのです。

そこでテストの点が悪かろうがそれは子供本人の問題。そこで、これではいけないと次がんばるか、そこであきらめるかも本人の問題。なぜなら、親が言ったからやるというものではないと思うから。勉強なんてやりたいときにやればいいと思ってしまうのです。だから、わたしはいまのところ、そんなにガミガミ言わず、子供本人がやり方を聞いてきた時だけ、「こうすればいいんじゃない。」くらいにしています。それも正解かどうかはわかりませんが今はこんな感じで試しています。(笑)

ちょこちょこ食べダイエットで痩せました。

私は食べることが大好きです。三食はもちろん、間食もしっかり食べます。夜は寝る間際まで食べることが多く、当たり前ですがぽっちゃり体型でした。

グラマラスパッツヒートシェイプ

ある日、健康診断で肥満気味という指摘があり、ダイエットを余儀なくされました。ダイエットという言葉を聞くだけで体調が悪くなりそうなくらい、自分にはダイエットは向いていません。そんな時、ちょこちょこ食べダイエットというダイエット法を知りました。

ちょこちょこ食べダイエットとは、その名の通りちょこちょこ食事をすることです。大好きなお菓子などを一気食いするのではなく、一日かけて食べるというやり方です。

例えば菓子パンですが、菓子パンは一個あたり約500キロカロリーあります。私はその菓子パンを一日に4個~5個食べていました。それをやめて、一個を細かく分けて食べるようにするのです。

はじめは菓子パン2個からはじめました。2個を8等分にして、間食に一つずつ食べていきました。そして食べる時は一口につき30回咀嚼をすようにします。こうすることで満腹感が得られました。

最初は絶対に無理だと決めつけていましたが、意外と上手くいったので驚きました。特に咀嚼をしっかりすることが暴食を阻止してくれました。だんだん食べる量が減り、最後には甘いものを食べたいという欲求がなくなりました。このやり方で一ヶ月に5kg痩せました。

食べるのが大好きな人にはちょこちょこ食べがおすすめです。