80kg以上限定ダイエット法

私が実際成功したダイエット法をご紹介します。短期間でガッツリ効果があり、しかもリバウンドしにくいのですが、身体的精神的にかなりきついです。

グラマラスパッツヒートシェイプはドンキなどで購入可能?市販状況や私の口コミなどご紹介!

簡単に言うと約2週間の断食+脂肪燃焼スープ生活です。断食3日間後に1日3食を脂肪燃焼スープに変える生活を10日間続けたところ、84kgあった体重が76kgまで落ちました。マイナス8kgの減量成功です。しかも5年以上リバウンドなしでした。半端な食事制限だと食欲がおさまらずリバウンドを繰り返していたので、短期間で本格的な食事制限を行いその後は徐々に普通の食事に戻します。

食事の詳細は、1日目?3日目の断食は固形物は摂取せず水とどうしても我慢できない時だけヨーグルトを少し食べます。この3日間で徹底的に食欲を滅します。ちなみに体力もなくなりあまり動けなくなるので気を紛らわせるのが大変ですし、めまいと酷い頭痛におそわれるので危険を感じたら中止して下さい。無事断食を終えたら脂肪燃焼スープ生活です。レシピはネットを検索すればすぐ見つかりますのでそちらを参考にして下さい。とにかくお腹が空いたらこのスープを食べます。ぶっちゃけ美味しくないので3日後にはカレー粉や豆乳、キムチを入れてアレンジしないとやってられませんので色々調味料で味変して10日間は頑張りましょう。これで確実に短期間で減量できます。

そもそも80kg以上ある肥満体型の方には運動での減量は効果的ではありません。ある程度体重を落としてからでないと満足に動けませんし、運動で効果を実感できる減量はできないはずです。無理して運動すると関節にも負担がかかり体に良くないので、まず食事制限をお勧めします。性格的に長期のダイエットが続かない方にもお勧めです。仕事しながらだと体力的に難しいので、少しまとまった休みを取れる時など是非チャレンジしてみてください。

髪の悩みは個性である。

美人の条件として常に上位に挙がってくる、【髪の毛がキレイな人】

だけど髪はそれぞれの毛質によってケアの仕方が変わってくるので正解は人それぞれ。

自分の正解のケアを探し出すのは大変ですよね。

そんな私の髪質は、毛量が多く1本1本は細い、猫毛の直毛です。

毛先は痛みやすく、絡まって大変な事に・・・

ボリュームはなく常にぺったんこで老けた印象が嫌でたまりませんでした。

試行錯誤して見つけ出したケア方法を紹介します。

当たり前の事ですがですが本当に大切な事ばかりです。

①シャンプーは高くても自分の悩みに合わせた種類を購入する。

悩み診断で自分だけのシャンプーを作れる所もあります。

少し高いですが悩みに直接作用するので市販では補えない効果を実感できます。

髪の悩みに『ノンシリコン=絶対ダメ』みたいに成分にこだわりは持ちませんでした。

髪の健康と髪質の改善は別問題だと思ったからです。

②トリートメントは頭皮には付けない。

毛先にはいくらつけても構わないですがトップにつけるとサラサラ、ぺたんこになりすぎて

朝、泣きを見ます。

頭頂部付近の髪はまだ生えたてですしヘアコテ等も長く使用しない場所ですので

毛先に使って余った程度のトリートメントしか使用せず、

髪の中間位からケアを始めていました。

http://www.gobauhaus.com/

③ドライヤーは温風⇒冷風

これも良く言われてる事ですが、本当に変わります。

温風でしっかり100%乾かしてから冷風で冷ませばサラサラストレートのままキープ出来ます。

寝ぐせも付きにくく朝の準備も時短になって夏は涼しく一石二鳥です!

ある程度タオルドライし、オイルやミルクトリートメントを使って乾かします。

④アイロンの温度は高くする必要はありません。

今のコテやアイロンは200度まで上がるものも多く、それをウリにしていますが

そんなに高温度で使う必要はありません。

200度では髪に大変なダメージを与えてしまい、考えるだけで恐ろしいです。

巻髪やストレートなら140度で、前髪なら100度でも余裕で整います。

低温度だと流行りのゆるふわヘアアレンジにも最適です。

これはあくまで、私が日常的に行っている事です。

今では『髪がキレイ』と褒められ触れられる事が多くなりました。

私と同じ悩みを抱えている人は上記に加えさらに自分特融の悩み対策と共に

ストレスなく自分に自信の持てるパーツの一つへと髪を変えていけたらいいなと思います。

子供の長所と短所

私には4人の子供がいます。上から男の子、男、女の子、男です。http://www.pikestrikesweden.com/

上2人は年子、下の2人も年子です。この間は4つ離れています。遊ぶ時は上2人と下2人で大体別れます、4人で一緒に遊ぶ事は滅多にありません。

ですから、兄弟喧嘩も上は上で下は下でやるのかなと思いきや、喧嘩が起こるところにコイツありと言うほど次男と他の誰かの喧嘩しか怒りません。長男は下の子達を対等に見ておらず、下の子として接しているのに反して、次男は対等に見ているからだと観察していて感じましたー。次男には変わり者が多いと言われる事もあるのでしょうか。

下の子たちが遊んでいるのにまざりたがったり、下の子達が持ってるものや食べてるものを欲しがったりします。それに対して下の子達は一緒に遊ぶのをめんどくさがります。

自分達の思い通りには遊べないからです。長男はそんな次男と遊ぶのですがやはり途中で我慢できなくなりぶつかり合ってしまいます。次男はやはり主張が強いようです。次男の良いところは誰とでも自分から近づいてコミュニケーションを取れる事なんですが。

誰に対しても自分の主張を通そうとする事は短所だと感じています。長所を伸ばし大事にしつつ、でも、短所も良い方へ向けば長所にもなるのではと思っています。親として自分がどう教えていけるか、子供は教えなくても自分の置かれている環境から自ら勉強していくのか観察しながら対応していきたいと思うと同時に楽しみでもあります。