クラウドワークス受注の壁

私はプログラマーをしています。プログラミングを活かした副業ができればと思いクラウドワークスに登録しました。しかし、いざ仕事をしようと思い提案をしてみるも、なかなか案件化することができません。 分析をおこなっている中でわかってきた原因としては2つあります。

会計freeの本音口コミを専門家の私がレポート!愛用者の評判も調べてみた結果…

1つ目は、すでにプログラマーとしてクラウドとワークス上で活躍していらっしゃる皆様の方が受注実績もあり、信頼があるため契約数ある提案の中から選ばれ、契約につながりやすいと言うこと、2つ目にそういった方々は副業としてではなく本業としてクラウドワークス上で契約を結び業務にあたっているため、さらに信頼と実績を積むことができると言うことです。

ただ、そのような働き方はまだ私にとっては敷居が高いと感じています。

何故かと言うと、まだ現場ではプログラミングにおける契約は取れておらず、 今の状態のまま会社を辞めてフリーターになったとしてもクラウドワークスで生計が立てられるだけの契約を取れると言う保証は一切ないからです。

私としてはある程度の生計が立てられるようになった上でフリーターに転身することを考えていましたが、原因と結果の間で葛藤が生じており、解決できる道が見えておらず右往左往している状況です。