正しい歯の磨き方で口腔内の臭いを抑える

身だしなみのトップにも入る口の中のケアはきちんとケアをしていないと、家族や職場の人に不快感を与えてしまいます。評判どう?ちゅらトゥース

臭いがきついのは自分ではなかなか分かりにくく、指摘されて発見する場合もあります。その場合、かなりのショックではありますが、歯を丁寧に磨くことによって、臭いを多少なりとも落とすことができるので、まずは正しい口腔ケアを実践することが大切です。正しい口腔ケアを始める前に大切な事は、歯ブラシや歯磨き粉を自分にあったものとすることです。目的に合ったものを使用することも大切です。

歯ブラシを選ぶためのコツは、硬さはソフトな硬さで、ソフトなものであれば歯茎をマッサージできたりすることができて、出血もおさえることができます。またブラッシのヘッドを細めにすることで、奥歯までしっかり磨くことができ、磨き残しをおさえることができます。歯ブラシは普通一週間すぎれば交換をします。新しいものに変えることで、菌の繁殖を抑えて歯によくないものを与えることが少なくなります。歯磨き粉は虫歯予防、口臭予防など目的に合わせたものを使用します。歯ブラシと歯磨き粉を選んだら正しい歯磨きの仕方を覚えます。

まず、鉛筆を持つようにしてブラッシを持ち歯の先端からブラッシを垂直に一気に磨きます。歯の裏側もやり残しがないように綺麗にします。その後歯茎を綺麗にしていきます。口腔内に食べ物の残り物があるとそれこそ臭いのもとなので、綺麗に磨きます。

そのため力まかせにゴシゴシしなくても大丈夫です。歯磨きはすぐ食べた後に行いましょう。綺麗に磨くなら口臭予防に役立ちます。