ニキビが大人でもできる時とは

ニキビは大人になったらできなくなりますが、ある事が原因で一つだけ出来てしまう事があります。それは高脂肪のお菓子とかデザートを、夜中とかに食べた時ですね。これができたということはちょっとカロリーの高いものを食べすぎたというサインなので、お菓子を控えるなどして調整するようにしています。出来てしまうものは、ナッツ系やチョコレート系を食べた時が非常に多いです。

レクレア効果

ピーナッツやマカデミアナッツなどが入っているチョコレートを食べすぎるとニキビがポツンとできてしまいます。特に休日の日に夜に食べてしまうとカロリー消費ができないからか2日ぐらいするとできてしまいます。できた場合はニキビ用の軟膏を塗って治す時や、あまり大きくない時は潰してから薬を塗って治療するようにしています。特に危ないタイプのお菓子は、多めに入っているブロックピーナッツチョコのようなタイプです。

もともとの量が多いので、全部食べてしまうとかなりのカロリーオーバーになるからです。食事が脂っこいものばかり食べていてチョコレートも食べると脂肪分や糖分をかなり摂取することになるので、皮脂分泌が盛んになりニキビの原因になります。食事の見直しや睡眠で、予防していく必要があります。