不潔と言われた私の長髪について。

私は中学の頃、髪を伸ばしていました。
くくっても腰ぐらいの長さまであり、おそらく学校の中では1番長いぐらいだったと思います。
私が髪を伸ばしていた理由としては、周囲の人たちを見て思ったことがあったからです。

KUROHA(クロハ)シャンプーの白髪への効果は?購入して使用した口コミ体験談をこっそり暴露!

染めるのは禁止、長髪は必ずくくる、運動部は女子でもショートヘアーに。
そんな校則に縛られている周囲の人を見ると、自分は意地でもその校則には縛られたくないという熱意が湧きました。
染めることは諦めていましたが、せめて長髪を維持したい。

運動部の人みたいにショートカットにはしないと意気地になった結果、この髪型に。
しかし、現実は楽ではありませんでした。
学校と部活が終わり、塾があり、ようやく帰宅した時でもう夜8時ぐらい。

風呂に入りなさいと親に言われるのがだんだんと嫌になりました。
「そうだ、頭だけなら1日ぐらい洗わなくても平気だ。」
そう考えて洗髪をサボるように。

「もう1日。」「明日こそ。」と先延ばしにする洗髪。
やがて友人のAちゃんに文句を言われるように。
「髪をとかしてもくしが下まで通らないとか、ちゃんと髪の毛洗ってるわけ?」
「キモいし汚いし、いい加減切ったら?」

友人だったAちゃんが気づけばいじめる側になっていました。
髪を伸ばすならその分きちんと洗ってケアしないといけない。
できないなら切れば良い。
何も考えずに伸ばしたあの日を今でも思い出し、長髪の人を見かけると大変だったなとあの頃が蘇ります。